使用期限切れの消火器

アシスト北九は、ご家庭や職場などで不要となった、粗大ごみ等のご不用品を回収し処分する事業を展開しています。(有料)

ご不用になった消火器処分も行う業者で、ご自宅や職場までお伺いし回収、処分いたします

北九州市が回収してくれない消火器の処分は?

北九州市では、消火器処分は、市が行う家庭ごみ、粗大ごみ回収サービスを利用して捨てる事が出来ません。また、消防署でも、残念ながら、引き取りはしていないので、民間業者などに依頼し、通常、廃棄料金が必要です。

 処分や取り扱いに、それなりの専門スキルが必要な消火器は、収集を拒む業者も多いようですが、アシスト北九では、消防設備士乙6(消火器の整備を行うことが出来る国家資格)所持者が在籍しておりますので、不用になった消火器処分も適切に取り扱い処分致します。安心してお任せください。

消火器の経年劣化に注意!

 変形、腐食した古い消火器は爆発する危険も!!

数年前、お隣の行橋市で消火器の破裂事故で負傷者が出ています。

消火器の事故

錆びついた消火器の底部分

屋外など雨水を被るような湿気の多い場所に設置していると、錆などの腐食が進み、そのまま使用すると非常に危険です。過去の事故は、ガス加圧式消火器の底部が破損し破裂したものが大半を占め、底部の溶接部分がガス圧力に耐えれず破裂したものと思われます。

ガス加圧式は、消火器容器の内部にガスボンベが入っていて、レバーを強く握ることでボンベの封板を破り、一気にガスが噴き出ます。その吹き出たガス圧を利用して薬剤を噴射させます。

消火器には、加圧式の他に蓄圧式があり、加圧式の事故が多かったことから、現在主流の消火器です。ガス加圧式には無い、内部圧力を示す指示圧力計という計器の有無で、外観で判断できます。こちらは、ガスボンベでなく、本体内に直接ガスが入っていて、常時圧力が掛かっています。容器が劣化し穴が開いた場合、そこからガスが勝手に出るので破裂の心配は、ほぼありません。

指示圧力計

消火器の定期点検

初期消火に消火器は大活躍します。

消防法では幼稚園や学校、病院や映画館など、一定期間ごとに消火器の定期点検、薬剤の詰め替え、外観点検、噴射点検などが有りますが、それらの適応外のご家庭用の消火器も、半年に一度くらいの頻度で、消火器外観に

  • 錆や変形が無いか
  • ホースやレバー、キャップにひびが無いか
  • 安全栓がついているか(黄色のリング)
  • 経過年数が過ぎていないか

等の点検チェックをお勧めします。耐用年数以内の消火器でも、外観に異常があるものは、絶対に使用しないようにしましょう!

 

消火器のリサイクル

現在、消火器は家電4品目の冷蔵庫や洗濯機同様、リサイクル料金が必要で、本体容器や消火薬剤はリサイクルされています。

家電4品目の場合、処分時にリサイクル料金が必要になりますが、2010年以降に製造された消火器は、リサイクルシールが貼られており、小売店での販売価格には、既にリサイクル料金が含まれています。

 2009年以前に製造された消火器は、処分の際にリサイクルシールが必要になります。

これに伴い、消火器処分の基本料金は、製造年月2010年をさかいに料金設定しています。

アシスト北九での消火器の処分料金

消火薬剤1キロ未満の粉末(ABC)又は強化液

基本料金以外に、搬出料金が必要です。お客様の方で搬出していただいた場合は不要です。

その他、業務用などの消火器も、お気軽にお問い合わせください。

買い替えや腐食劣化に伴い、不要になった消火器の処分は是非、アシスト北九でご検討ください

Originally posted 2020-02-19 05:50:19.